カテゴリ:中国茶・文化( 1 )

 

中国茶文化への興味

中国茶”の字の起源、中国の《神農の草本》は少し書いて、あれは世界で最も古い第1部分の薬物の本だ。占有する事は中国茶専門家を書いて考証に関係して、この戦国時代(紀元前に5年の-1の紀元前221年だ)著作の事とする。中国茶-唐がかかって陸地羽の西暦の758年の前後で世界の最も速い中国茶の専門の本が《中国茶が通る》を書き終わることを討論して、そのため全面的に中国茶の事を植えて、中国茶をつくって、ヤムチャはして、中国茶の方法と経験を評価する。陸地羽《中国茶が経過だ》は推論に基づいて、中国は中国茶の木の中国茶が今まですでに4700年の歴史を持っていたことを発見する。中国茶の中国は行為は西周の時期に物品に使われるように供えて、人々の行為の野菜は春秋の時代の中国茶の新鮮な葉を食べて到着して、そのため戦国の時期の中国茶の行為の全快して病気になる薬品、前漢の時期の中国茶はすでに主要だった商品の1つになった。三国から南北の朝まで(へ)300の長年の時間以内、特別な南北の朝時期、仏教を採用して流行して、仏陀の家の利中国茶のヤムチャのする事の解除は座禅をして眠くなって、そこにある寺院の廟の別の谷川は全体で中国茶を包囲する。中国茶のヤムチャは仏教の拡大に推定して、そのため仏教はしかも中国茶のかまどの発展を促進して、今すぐ歴史の上からの有名なものの“中国茶の仏陀がかまける”はしかし由来だが。唐費、中国茶はついに正式に行為の民間のを普及させて大衆の飲み物に向かう。

PR 中国茶通販
[PR]

by cntea00 | 2007-01-23 13:34 | 中国茶・文化