カテゴリ:中国茶・日本( 1 )

 

中国茶と日本

中国茶、古来、すぐ中日両国の人民の友好的なきずなはなる。唐の時、日本の和尚の最も澄んだ中国の浙江天台に来る山国は寺院を清算して仏教学の事を研究して、帰国する時中国茶の種は日本の佐賀県(すぐ今の池上の茶畑)まで(へ)中国茶を持ち帰って、いっしょに今後日本中部と南部を伝達する。南宋の時に、日本の光栄な西の禅師の2度は中国に来て、天台は到着したことがあって、4は明るくて、小さい天使の待つ地、宋孝宗は彼に“1千のつやがある法師”を称号を与える。光栄な西Shan族師はその上仏教学の造詣はとても深くて、中国茶はたいへん研究の事があって、いっしょに《お茶を食べて店に保養する》の少し書く事を書いて、日本国民が尊重して中国茶の祖先だと思われる。南宋まで慶年を開けて聞くことに来て、日本の仏教の高僧の禅師の浙江の直径の山の寺の仏教学の研究する事、拡大が帰国する時直径の山の寺“中国茶の芝居がツールを使う”をもらって、“中国茶のビリヤード”、井戸と直径の山の寺の“中国茶が宴席を張ってもてなす”の“塗る”の中国茶の方法の日本は到着して、日本の茶道のを啓発して盛んに興って促進した。中国の宋がかかる時すぐすでにアラブの商人は中国茶の到を輸送する福建の泉州の販売に定住した;知恵の恵費鄭和の下で西の海洋、中国茶は(できる)を要して同様に()に東南アジアとアフリカ南部の各国の良い売れ行きをあげる。知恵の恵みは末期がかかって、西暦の1610年のオランダの商船は最も早くマカオのが中国茶を運んでからヨーロッパまで(へ)、中国茶の決定的の一撃は打って2枚の(件)に向かう事の扉を開けた。

PR 中国茶通販
[PR]

by cntea00 | 2007-01-23 13:37 | 中国茶・日本