中国茶と日本

中国茶、古来、すぐ中日両国の人民の友好的なきずなはなる。唐の時、日本の和尚の最も澄んだ中国の浙江天台に来る山国は寺院を清算して仏教学の事を研究して、帰国する時中国茶の種は日本の佐賀県(すぐ今の池上の茶畑)まで(へ)中国茶を持ち帰って、いっしょに今後日本中部と南部を伝達する。南宋の時に、日本の光栄な西の禅師の2度は中国に来て、天台は到着したことがあって、4は明るくて、小さい天使の待つ地、宋孝宗は彼に“1千のつやがある法師”を称号を与える。光栄な西Shan族師はその上仏教学の造詣はとても深くて、中国茶はたいへん研究の事があって、いっしょに《お茶を食べて店に保養する》の少し書く事を書いて、日本国民が尊重して中国茶の祖先だと思われる。南宋まで慶年を開けて聞くことに来て、日本の仏教の高僧の禅師の浙江の直径の山の寺の仏教学の研究する事、拡大が帰国する時直径の山の寺“中国茶の芝居がツールを使う”をもらって、“中国茶のビリヤード”、井戸と直径の山の寺の“中国茶が宴席を張ってもてなす”の“塗る”の中国茶の方法の日本は到着して、日本の茶道のを啓発して盛んに興って促進した。中国の宋がかかる時すぐすでにアラブの商人は中国茶の到を輸送する福建の泉州の販売に定住した;知恵の恵費鄭和の下で西の海洋、中国茶は(できる)を要して同様に()に東南アジアとアフリカ南部の各国の良い売れ行きをあげる。知恵の恵みは末期がかかって、西暦の1610年のオランダの商船は最も早くマカオのが中国茶を運んでからヨーロッパまで(へ)、中国茶の決定的の一撃は打って2枚の(件)に向かう事の扉を開けた。

PR 中国茶通販
[PR]

# by cntea00 | 2007-01-23 13:37 | 中国茶・日本  

中国茶文化への興味

中国茶”の字の起源、中国の《神農の草本》は少し書いて、あれは世界で最も古い第1部分の薬物の本だ。占有する事は中国茶専門家を書いて考証に関係して、この戦国時代(紀元前に5年の-1の紀元前221年だ)著作の事とする。中国茶-唐がかかって陸地羽の西暦の758年の前後で世界の最も速い中国茶の専門の本が《中国茶が通る》を書き終わることを討論して、そのため全面的に中国茶の事を植えて、中国茶をつくって、ヤムチャはして、中国茶の方法と経験を評価する。陸地羽《中国茶が経過だ》は推論に基づいて、中国は中国茶の木の中国茶が今まですでに4700年の歴史を持っていたことを発見する。中国茶の中国は行為は西周の時期に物品に使われるように供えて、人々の行為の野菜は春秋の時代の中国茶の新鮮な葉を食べて到着して、そのため戦国の時期の中国茶の行為の全快して病気になる薬品、前漢の時期の中国茶はすでに主要だった商品の1つになった。三国から南北の朝まで(へ)300の長年の時間以内、特別な南北の朝時期、仏教を採用して流行して、仏陀の家の利中国茶のヤムチャのする事の解除は座禅をして眠くなって、そこにある寺院の廟の別の谷川は全体で中国茶を包囲する。中国茶のヤムチャは仏教の拡大に推定して、そのため仏教はしかも中国茶のかまどの発展を促進して、今すぐ歴史の上からの有名なものの“中国茶の仏陀がかまける”はしかし由来だが。唐費、中国茶はついに正式に行為の民間のを普及させて大衆の飲み物に向かう。

PR 中国茶通販
[PR]

# by cntea00 | 2007-01-23 13:34 | 中国茶・文化  

中国茶と飲茶の関係

中国人のヤムチャはして、重さ1の個人の“物品”の字を注ぎ込む。“中国茶がヤムチャをする”は問合わせを引き受けて中国茶の優劣を鑑別しないで、同様な精神状態は中国茶のヤムチャの情趣のイタリアの味わいたい事を走らせる。それによって多忙な中に選んで前の1つの魔法瓶の深い中国茶にしみこむことをくみ取ることに奮起して、高尚・上品な安定するka所、もちろん飲む事、疲労の可能性を返済して、洗って役に立ち悩みを思い慕うことを使用して、精神、同様に小さいのは遅い(遅い)をすすって飲んで、美しい楽しみは達成して、精神世界の高尚・上品な形式に対して美しい境界の昇華に変わっている。中国茶の環境の普通の建築物からを圧倒して、庭園、装飾、中国茶器の待つ要素は構成する。ヤムチャの要求は安穏で、清新で、楽しくて、きれいだ。中国茶庭園の世界は有名で、山水の景色はしかも切れる事を数えないのだ。自然な山水間庭園はあるは利用して、組織して中国茶の店の事を設けて、人々を譲って少し休んで、興味は胸にあふれる。中国は文明的な古国にあって、儀礼の国家、決して義理を欠かない。平凡な客は来て、中国茶を注ぎ込んで、中国茶の儀礼を尊敬して欠けることができない。この客は来訪を選出して、争って意見の事に頼ることができて、採用の最ものは最もよい中国茶器と来客の趣味の事客に会う事に相当する。中国茶のが客をすすめるによって時に、中国茶の葉まで(へ)縫って適切に協力することを予約して同様に必要な事の事とする。主人はヤムチャをして客の付き合う事を決定する。

PR 中国茶通販
[PR]

# by cntea00 | 2007-01-23 13:26 | 中国茶・飲茶  

中国茶の故郷

中国茶の故郷で、中国茶をつくって、ヤムチャはすでに数(何)千歴史があって、名は品評して1つきあう事で集まるので、主要な中国茶は中国茶緑茶があって、中国茶紅茶、中国茶ウーロン茶、中国茶花茶中国茶白茶中国茶黄茶中国茶のは健やかな体があって、しかもの豊かな欣は情趣を表彰し奨励するので、みがく情操。中国茶を飲んで、客に会うのは中国の個人の気概の高い(高い)の娯楽と社交活動で、中国に上がる中国茶は敷いて、中国茶が会話してそこで中国人の社会性の群体の中国茶の技巧は活動だ。中国茶の技巧は世界にある栄誉量があって、唐にかかってすぐ日本を流れ込ませて、日本の茶道を形成する。中国茶のヤムチャは中国から始める。中国茶は煮沸する泉の水を突破するによって、自然だに沿って、高級な品物を受け入れて澄みきっていて中国茶の事を飲むことを試みて、中国茶の生まれつきの臭い味を買って、再び立場にあってあって、これは中国茶の中国式の中国茶の特技を圧倒した。同様な品質の中国茶葉を使って、水の異なっているの、中国茶器は或いはと技術の同じではない事の突破にしみこまないで、しみこむ麦こがしを始めてあるかもしれない異なる種の効果の事がある。中国、古来、すぐ中国茶の山の間の平地は存分に泡を重視して、豊富な経験を蓄積した。とてもよく必ずやり終えて中国茶の事を入れなければならなくて、各自の種類の中国茶の特技を理解して、科学的な山の間の平地を掌握して技術で浸って、中国茶葉の生まれつきの品質のエネルギーの十分な地表が現れて追随を始める。

PR 中国茶通販
[PR]

# by cntea00 | 2007-01-23 12:41 | 中国茶・故郷